神社 行ってはいけない日 ってあるの?神主さん教えて!

神社

■主題

今日は 神社 行ってはいけない日 ってあるの? 神主さん教えて!について、書いていきます

確かに・・・仏滅よりは大安に行った方がいいのか、とか色々気になりますね。

はい、よく神社にいて聞かれる質問の一つなのでここでまとめてみたいな、と思ったのでお答えします。

■神社にダメな日は無い

結論から言えば神社に行ってはいけない日というのは存在しません。
もしそういう時があるならば神社は休まなければいけないということです。

でも年中、神社は開いてますので、どうぞ困った時にいつでもご参拝いただければと思います。

しかしもしご自身の考え、または何か見聞きしたことでどうしても気になるということであればそういう日を設けても良いのだと思います。

ある宗教に所属していてこういう日は行ってはいけないという教えがあるのであれば従っていただいて結構です。

地域によっても色々違いがあると思いますのでそれぞれの地域で言われていることはそれが正解になりますので慣習に従ってください。

また良く六曜を気にされる方もいらっしゃいますが、神社は基本的に6ようで動いていません。

そういった占いや暦よりも上の存在であるということです。

あなたが行きたい時に行くことができるそれが神社でございます。

ただしひとつだけ行ってはいけない日があるとすればそれは葬儀の後です。

神社 行ってはいけない日

■忌明けはいつ??

順序でよく聞かれるのは葬儀の後、いつから神社参拝をしていいのか、またはそもそも神社に参拝してはいけないのかという質問を受けます

これは本当に地域によります。私がいたところでは五十日祭仏教でいうところの四十九日が終わるまでは参拝を控えたほうがよろしいというふうになっていました。

ただどうしても来なければいけないという時は鳥居をくぐらないという風習がありました。

そして神社の役員、総代の場合は大きな祭典に1年間出席しない、というルールもありました。

というように葬儀の後四十九日52歳の後から参拝していいというのが一般的だと思うのですが、先ほども言いましたが地域によりかなり差がある分野なので、そこの神社に聞いていただくのが一番だと思います。

■まとめ


神社は色んな考え方を受け入れ、吸収して、しかもそれに染まらないという性質があります。

だからこそ個人のルールでも全く問題ないのです。

一応は神社本庁が取りまとめた原則ありますが、それもその地域によってルールが違うならそちらに従ってもよいというふうになっていますのでさらに混乱します。

昔からあるというのはとても強い力が働きます。
歴史の力とでも言いますが、我々も非常に困ることがあります。

なるで逐一情報収集は怠らないようにこれからも努めて参ります。
なのでとりあえず神社に行ってはいけない日というのは存在しないのでご安心下さい。

神社 行ってはいけない日

こちらの記事もどうぞ

神社 ヴァーチャル参拝 ?それは可能なのか?

神社の神主が祈祷します 人生のパートナー「寄り添う神主」 悩みは家が原因?神主が風水鑑定と人生相談を受けます 誠心誠意寄り添って悩みを解決いたします

関連記事

特集記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


神主norikuro

神主norikuro

神主norikuroです。 ココナラで活動する、神主です。 遠隔祈祷、悩み相談、風水鑑定しております。 寄り添うパートナーとして一緒に困難に立ち向かいます。

神社の神主が悩みを聞き安心させます 誠心誠意努めます!寄り添い支え、あなたと共に歩みます

最近の記事

  1.  他人と比べる ことは止めて幸せに生きる方法

  2. この世界の仕組み 魂と脳 の力を解放し力を手に入れる

  3. 神社 仏滅 って参拝しても大丈夫なのですか?神主が答えます

TOP