神棚の処分方法 を神主が解説!祀り上げ!

神社

■お題

今日は 神棚の処分方法 についてです。我々はお焚き上げ、祀り上げ、と言う言い方をします。

引っ越しがあるから古い神棚を処分したいけどその方法がわかりません。

大丈夫ですよ、どうやって神棚を納めるのか、を解説いたします。

あと地味にお供物の陶器類もどうしたらいいのか戸惑う人多そうです。

はい、その辺りもどうしたらいいのか書いていきます。

■祀り上げ

神棚を撤去する場合、基本的には神主を家に招いて撤去する旨を神様にご報告しこれまでの感謝を申し上げるという祀り上げという祭典を執り行うのが最も丁寧です。

私がいたところではその時に一緒に神棚を持ち帰って神社でお焚き上げするということをしていました。

このあたりは神社によって違いがあると思いますので頼む神社にお祓いが終わった神棚は「持って帰っていただけるのですか」と伺うとよろしいかと思います。

特に新築するに当たって古い実家を解体するときの解体清祓い、などで一緒にお祓いして持ち帰ったりすることが多かったですね。

ここまで丁寧にしていただきたいところですが、そうはいかない場合は、神社に持って行ってお焚き上げしていただけるよう伝え渡してください。

ただその場合も、神棚を持って行く時には一言これまでの感謝を心の中で述べてください。

神社に持って行ってお焚き上げするのに初穂料がかかる場合ありますので気をつけてください。

神棚の処分方法

神棚を設置する意味

最近は神棚を置くスペースが取れないお家もたくさんあります。そんな中でも若い方が神棚を着たいっていうことも少なからずあります。

そんな時は小さな神棚をホームセンターなどで買っても結構です。ただし御札だけは神社で受けてくださいw
そして立って目通り、座って目通りと言いますが、座った時に目線より上に来るように設置していただいて大丈夫です。

古いお家ではちょっと高いところに神棚を設置していますが今の時代はなかなか難しいと思いますので、置ける場所に置いて頂きますがなるべく座った時に目線より上にくるようにしてください

お札やお供えについてはこちらを参考にしてください。

神棚の向きは南か東に向けてできれば北西の方角に設置してください。つまり太陽を背にしないようにと心がけていただければ結構です。

部屋に関しては特に決まりはないと思っていただいて大丈夫です。寝室だけは避けた方がいいと思いますが他は現代建築との兼ね合いもあって私はそこまで絞らないほうがいいと思いますので一家団欒のリビングを中心に置く場所を考えてみてください。

■まとめ

ここまで述べてきたように神棚を撤去する際は神主さんを家に呼んで払っていただくか直接神社に持って行ってお焚き上げしていただくかという形になろうかと思います。

最後に御札と神棚のみがお焚き上げとなりますので、その他の陶器類に関しては対象外となります。

陶器類などがありましたら、これは私の考え方になりますが塩で祓っていただいてしかるべき処分方法で結構でございます。

なんにせよ感謝の心を持って神棚を納めていただければ我々としてもありがたく思います。

併せてこちらの記事もどうぞ

禊 とは何か 結城友奈は勇者である – 鷲尾須美の章 1話より

神社の神主が祈祷します 人生のパートナー「寄り添う神主」 悩みは家が原因?神主が風水鑑定と人生相談を受けます 誠心誠意寄り添って悩みを解決いたします

関連記事

特集記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


神主norikuro

神主norikuro

神主norikuroです。 ココナラで活動する、神主です。 遠隔祈祷、悩み相談、風水鑑定しております。 寄り添うパートナーとして一緒に困難に立ち向かいます。

神社の神主が悩みを聞き安心させます 誠心誠意努めます!寄り添い支え、あなたと共に歩みます

最近の記事

  1.  他人と比べる ことは止めて幸せに生きる方法

  2. この世界の仕組み 魂と脳 の力を解放し力を手に入れる

  3. 神社 仏滅 って参拝しても大丈夫なのですか?神主が答えます

TOP