神社 仕事の内容 1日何してるの??

神主

■お題


今日は 神社 仕事の内容 1日何してるの?? について、書いていきます。

普段神社には行くと思いますが神主さん達は何をしているかっていうのは見えないと思います.

そんな普段の日常を今回はお伝えしていきたいと思います。
もちろん神社と言っても千差万別ありまして仕事も様々です。

あくまでも私が自分の体験と見聞きした話を合わせながらお話しさせていただきます。

ちなみに神社は仕事とは言わず奉仕と言います。

神社 仕事の内容

■ 朝は掃除から始まる

やはり神社の朝は掃除から始まります。
境内の掃き掃除や社殿の清掃、皆で行います。

その後は朝の祭典「日供祭」を執り行います。
ここで皆が集まり神様に祈り、皇室の安寧、国家の安泰、そして氏子の安全を祈願します。

この後軽くミーティングしてそれぞれの作業に入ります。
大きな神社だと社務所にいる人、ご祈祷する人、といったようにそれぞれのお仕事に分かれていきます。

小さな神社であればこれらすべてこなしながら一日を過ごします。

外に出ることが多い神社もあります、地鎮祭や葬儀といった祭典もあるので出たり入ったり忙しくなります。

またデスクワークも非常に多い仕事で、手紙の郵送や、神社の木々を切る時も許可が必要だったりしますので神社庁へ提出する書類などもあります。

そして神主さんの集まりなども結構あるので、会議で神社庁へ出張するといったこともあります。

このような感じで一日を過ごして行きます。

■兼業神主

ここまで書いたのは専業で神主をされている又は大きな神社で勤めている人たちの仕事のあり方です。

以前も書きましたが神社の神主というのは意外と兼業が多いです。
代々小さな神社を守っているが、とてもではないですが暮らしていけるような収入がない神社がほとんどだからです。

このような兼業で神主をされている方は普段はお仕事をして、神社の祭典の時にご奉仕をする、といいう感じですね。

なのでご祈祷をしたりというようなことは難しいというのが実情ですね。

■まとめ [ 神社 仕事の内容 ]

神社の神主はかなり体力仕事が多いです。

意外かと思われるかもしれませんが、広い境内、森を管理するのは並大抵のことではなく、池掃除したり土を運んだりします。

もし神主という仕事に興味を持たれている方は勉強もそうですが肉体労働ができるだけの体力があった方がいいでしょう。

それでも神様がおそばでご奉仕させていただくというのはありがたいことこの上ないと思います。

我々神社会も様々な問題を抱えてはおりますが一歩ずつ皆と共に歩んでいければと考えています。

嫌なことを忘れる方法 トラウマの克服

神社の神主が祈祷します 人生のパートナー「寄り添う神主」 悩みは家が原因?神主が風水鑑定と人生相談を受けます 誠心誠意寄り添って悩みを解決いたします

関連記事

特集記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


神主norikuro

神主norikuro

神主norikuroです。 ココナラで活動する、神主です。 遠隔祈祷、悩み相談、風水鑑定しております。 寄り添うパートナーとして一緒に困難に立ち向かいます。

神社の神主が悩みを聞き安心させます 誠心誠意努めます!寄り添い支え、あなたと共に歩みます

最近の記事

  1.  他人と比べる ことは止めて幸せに生きる方法

  2. この世界の仕組み 魂と脳 の力を解放し力を手に入れる

  3. 神社 仏滅 って参拝しても大丈夫なのですか?神主が答えます

TOP