嫌なことを忘れる方法 トラウマの克服

悩み相談

■お題

今日は 嫌なことを忘れる方法 トラウマの克服 について、書いていきます。

最近は人間関係のトラブルに関して特に敏感になっている方が多く、トラウマを抱えてしまうようです。

今回は苫米地英人先生の動画、を参考にイヤことを忘れる、ということを脳科学の観点から述べてみたいと思います。

■長期記憶まで刷り込まれるとトラウマになる

まずはこちらの動画ご覧いただければ、と思うのですが、私の方でも詳しく解説いたします。

苫米地英人先生は、オウム真理教の幹部たちの洗脳を解いた、ということで一躍有名になりました。

認知科学者(機能脳科学、計算言語学、認知心理学、分析哲学)。計算機科学者(計算機科学、離散数理、人工知能)。カーネギーメロン大学博士(Ph.D.)

このように脳科学のエキスパートの先生です。

苫米地先生曰く、トラウマ、イヤな記憶が消えないのは何度もその時の光景を思い出してしまい、それが長期記憶に定着してしまう、これが問題なのだ、ということです。

脳には短期記憶、そして長期記憶があります。人間は短期記憶に関してはすぐに忘れてしまうのですが、長期記憶はその名の通りずっと覚えていることができる、ただし、ずっと奥にしまうので取り出せなくなる、何かきっかけがなければ思い出せない、ということです。

本来、人間は失敗を極度に恐るため、嫌なこと、失敗したこと、を優先的に覚えてしまうのだそうです。

しかし、現代においては、人付き合いに慣れていない人が多いため、それが悪い方向へ流れてしまうのです。

■嫌なことはゴミ箱に捨てちゃえ?!

それではどうやって嫌な記憶を消すのでしょうか?

動画をみていただければわかりますが、長期記憶から消してしまう、これが博士の答えです。

その方法とは、その嫌なことを白黒の場面に転換し、薄くして小さくして、最後はゴミ箱にポイっとしてしまう、これを思うだけである、と博士は言います。

具体的にどのようにするのかは、ぜひ博士のお言葉を聞いてください。

これだけ?と思って私もやってみました。

まさに言った通り思い出す度に、白黒、淡く薄く、そして小さくして、ポイ、そうすると段々とその光景が浮かばなくなってきました。

もちろんその起きたイベントによってトラウマの度合いは違うでしょうが、ある程度確かに効果があったと私は思います。

■まとめ

博士は言います、反省はすべきだ、しかし、引きずることは不幸意外の何者でもないと、なので貴方もこの方法、お金もかからない方法なのでぜひ試してみてください。

少し、訓練と時間は必要ですね。

人生、どこに行っても人間とのイザコザは尽きないものです。
煩わしいのは承知ですが、協力しないと何も成し遂げられないこともこれまた事実。

どうか、人間関係を保つ上での強力な防御策となるので、頑張って前を向いてはいかがでしょうか?

嫌なことを忘れる方法

悩み 自殺 を考えるほどに追い詰められていたら

神社の神主が祈祷します 人生のパートナー「寄り添う神主」 悩みは家が原因?神主が風水鑑定と人生相談を受けます 誠心誠意寄り添って悩みを解決いたします

関連記事

特集記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


神主norikuro

神主norikuro

神主norikuroです。 ココナラで活動する、神主です。 遠隔祈祷、悩み相談、風水鑑定しております。 寄り添うパートナーとして一緒に困難に立ち向かいます。

神社の神主が悩みを聞き安心させます 誠心誠意努めます!寄り添い支え、あなたと共に歩みます

最近の記事

  1.  他人と比べる ことは止めて幸せに生きる方法

  2. この世界の仕組み 魂と脳 の力を解放し力を手に入れる

  3. 神社 仏滅 って参拝しても大丈夫なのですか?神主が答えます

TOP