定年鬱 繋がりが無くなることは生き死にに関わる

悩み相談

■ご挨拶


今回は 定年鬱 、というお悩みをネット記事から抜粋して私なりの回答をさせていただきます。

■今回のお悩み

以下お悩み文です。

さて、私も今年定年。数年前は、想像だにしなかったのですが、なんと毎日、恐ろしいほどの疎外感、無用感、卑小感、に襲われております。

あと数日を残す限りなのですが、今の状態は、前は向けず、過去を振り返り、「あれができなかった、あの人間関係がまずかった」等々、たえまない後悔の念に襲われています。

夢でも、得体の知れないものに追われて、むやみに倒される自分を見ました。

若い人が多い職場で、今、毎日、息苦しく消え入りたいです。一週間前には嘔吐しました。今度、心療内科へ行きます。定年間近の方、どのように今までを振り返っていますか。そして、この先どのような展望をお持ちでしょうか。

発言小町
https://komachi.yomiuri.co.jp/t/2021/0308/1006290.htm?g=03&p=0

定年というものがもたらすもの、まだまだ先だ、という人も、定年になった人も一緒に考えていただきたいです。

定年鬱

■会社が全てになってしまっている

最近、このようなお悩みを持つ方が増えてるように思います。
男性会社員の方のお悩みでした。

立派に会社を務めあげたことは賞賛に値することでゆっくりして欲しいなとは思いますがやはり新しい悩みが出てきてしまうのがこの人の世というものでございます。

おそらく会社以外の付き合いがほとんど無い方なのでしょう。

人は絶え間なくつながりを持たなければ生きていけません。
もっと言うと人や組織からの評価がなければ生きている意味はないと感じてしまうようです。

会社で評価されて生きてきた人生ですからそれがなくなってしまうというのは、実は睡眠欲食欲などよりも上に来る生存本能に関わってきます。

古代より人は群れを作って生きてきました。だから孤独になると寂しさ孤独感を味わってしまうようにインプットされています。

これは思いのほか重い症状で、生存本能に関わるので寿命が短くなってしまいます。

独身の男性が寿命が短いのはこれが原因だと思います。

特に男性は会社以外のつながりを持ちたがらない、年を取ると新しいことに挑戦しなくなってしまう、これによって社会から疎外されていくのです。

そして家族がいてもこれは解消しないのです。家族の関係だけでは全ては解決しません。もっと多種多様な人との関わりを持たなければ孤独感疎外感というのは消えないでしょう。

ほとんどの回答者が趣味を始めた方がいい新しい仕事始めた方がいいと言う意見をされていました。

私も全く同感です。

ただしここまでのことを理解して、睡眠や食事よりも上に来る生存本能であるということを理解しなければいかに危険なことであるかということがわからないのです。

つまりこの定年うつというのは非常に危険な状況である、最も先に解決しなければ問題であるということを意識しなければいけません

■どういった繋がりを持つべきか

趣味

もちろん皆さん老後はあらゆる趣味を始めたりするのですがなかなか長続きしないのが現状だと思います。

趣味というのはある程度努力を重ねて辛い思いをした先に楽しむという状況が訪れます。

みんなからその能力を褒められて初めて満たされるわけですがそれまでには非常に時間かかるのです。

だからかなり比重を置いて趣味に時間を割く必要があるので早めに行うのが大事です。

内容は何でもいいですけどもできれば世代間の交流があるような趣味習い事などがおすすめです。

自分の生きてきた人生経験をまだ若い人に伝えたりすることも非常に仲間意識を持つ大事なポイントになります。

町内会、老人会

こちらも積極的に参加される方が良いと思います。
趣味よりももっと強制的な力が働くので、やりがいがあると思います。

私の知り合いはずっと交通安全の旗を持って子供たちを見守ったりしていました。

またずっと公園にお花を植えたり掃除したりというのを日課にしていた方もいました。

ネットの繋がり YouTube SNS

最近 YouTube や SNS を始められるご年配の方も多いです。
あれこれ試行錯誤するのは非常に刺激になるし、若い人よりも人気が出る可能性も十分にあります。

やはり仕事の経験値人生の経験値が圧倒的に違うので会話に深みが出ます。

是非その能力を活かして簡単にYouTube なんかはできますし、割とすぐに反応があると思います。

ただしネットだけではやはり不十分なので趣味や老人会などの活動と並行して行うのが良いと思います。

■ポイント

・定年鬱、というのは生存本能に関わる
・繋がりを新しく作らなければいけない
・趣味、老人会、そしてネットを活用しましょう

■まとめ

至極真っ当なお話になりましたが、私の方で一番分かっていただきたいのは、先ほども言いましたが、これは睡眠欲食欲などの欲求よりも上に来る生存本能に関わる問題ですのでかなり最優先して行なってください。

最近はネットの SNS などで命を絶つ方も残念ですがいらっしゃいます。

それはここまでの話を聞いていれば分かる通り SNS というのは繋がりがある反面、出来てからまだ間もないので無法状態で言葉でリンチするような形になってしまいます。

そんなことで、と思う方もいらっしゃるかと思いますが、再三いましたが生存本能に関わる分野なのがこのつながりです。

何千何万という人から批判を受けるとそれに対抗できるだけの心を養っておかなければたちまち心のキャパシティをオーバーしてしまうのです。

逆にご年配になればなるほど、そこの懐の深さは大きくなるので過敏に反応しなくなりますから大丈夫だと思います。

とにかくこうした人々のつながりのあり方というのが改めて問われる時代に入ったことこれは確実です。どうかこの変化のある新しい時代をしっかりと手を携えて乗り切って行きたいなと考えています。

悩みが言えない |孤独!友達にも家族にも・・【人生相談】

神社の神主が祈祷します 人生のパートナー「寄り添う神主」 悩みは家が原因?神主が風水鑑定と人生相談を受けます 誠心誠意寄り添って悩みを解決いたします

関連記事

特集記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


神主norikuro

神主norikuro

神主norikuroです。 ココナラで活動する、神主です。 遠隔祈祷、悩み相談、風水鑑定しております。 寄り添うパートナーとして一緒に困難に立ち向かいます。

神社の神主が悩みを聞き安心させます 誠心誠意努めます!寄り添い支え、あなたと共に歩みます

最近の記事

  1.  他人と比べる ことは止めて幸せに生きる方法

  2. この世界の仕組み 魂と脳 の力を解放し力を手に入れる

  3. 神社 仏滅 って参拝しても大丈夫なのですか?神主が答えます

TOP